剥脱性口唇炎と廣田漢方堂薬局

2012 年に廣田漢方堂薬局へと名称変更し、漢方専門薬局として出発しはじめた時期に、初めて「剥脱性口唇炎」に悩む若い女性からの相談を受けました。それまでは恥ずかしながらこのような疾患があることを知らず、どのように治せばよいかと思案しましたが、その際には、桂枝加黄耆湯を用いて満足いく改善が見られました。そこから徐々にご相談を受けることが多くなり、同じ病名でも、実に様々なタイプがあること、そしてヒトによってスムーズに治るケースもあれば、なかなか改善しないケースもあることを経験しました。

「この違いがいったいどこから来るのか?」

それを知るために、様々な文献を調べ、解剖学上の口唇の構造と中医学理論を融合させた中西医結合に基づく独自の考え方にたどり着きました。その理論に基づき漢方療法を行ったところ、症状が軽減する症例を数多く経験しました。
漢方にて剥脱性口唇炎を治療する場合には、解剖学上の口唇の構造と中医学理論を融合させた上で、現時点でのあなたの口唇の状態を知ることが大切です。

たとえ、どのようなタイプの口唇炎であっても、

  • ① 口唇炎になった原因
  • ② 発症したから現在までの治療経過、および症状の変化
  • ③ 現時点での口唇炎の状態
  • ④ 体質的な特徴

が重要になってまいります。その上で、口唇の皮の剥がれ方・サイクル・範囲・色調・乾燥度・剥がれた後の腫れや痛みの有無・口唇の血色などの情報を分析・分類し、各タイプに応じた漢方薬を組み合わせていきます。そうすることで、ほとんどの方に効果を実感していただいております。

当店では 100 例以上の症例の経験があり、その経験とこれまで研究してきた内容をもとに、西洋医学では対処法のない本疾患に対する漢方療法を実践しておりますので、ぜひご相談ください。

剥脱性口唇炎のご相談方法はこちら

剥脱性口唇炎の原因

口唇の構造と特徴

口唇の構造と特徴

口唇の角質層は皮膚に比べて極端に薄く、角質細胞間脂質がほとんどありません。角質層が非常に薄いために、水分を保持する力が弱く、すぐに乾燥してしまいます。

また口唇の細胞のターンオーバーは皮膚が約7~14日なのに対し、3~4日と短く、さらに皮膚細胞には凹凸がほとんどありません。一方、口唇は凹凸があるのが正常な状態であり、荒れると逆に平坦になるという現象が起こります。そのために乾燥して荒れてしまうと、大きく皮がむけたように剥がれ落ちるように見えるのです。

炎症の種類

炎症というのは本来、自然な治癒反応

ヒトは、何らかの原因により、ケガをしたときには、炎症を起こして、その傷を修復していきます。炎症反応を起こすことによって、免疫系統が活性化され、患部の異常細胞や炎症性物質の除去を行い、組織修復に必要な成分を運び、傷口を修復していくのです。

「炎症」とは、この修復過程に付随する症状であり、本来、組織修復が正常に行われている証拠なのです。

炎症が起こったときに、誤ったステロイドの使い方をしてしまうと、炎症が治まらないばかりか、副作用によって免疫力が低下し、カンジダや細菌が繁殖してしまい、反って症状が悪化することがあるので注意が必要となります。

口唇における炎症の種類

急性期

組織が何らかの原因で傷ついた場合、病原性物質や異物を口唇に留め、破壊するための初期反応となります。
口唇の血管を拡張させることによって血管透過性が高まり、損傷した部位に白血球が浸潤し、病原性物質や壊死細胞を貪食するようになります。
そして壊死細胞を貪食した白血球は、リンパ管を通って除去されます。この時期には、口唇の血管が拡張して、免疫性物質を含んだ水分が組織に浸潤するため浮腫が起こります。
また、病原性物質や異物との免疫反応が活性化するために熱感・疼痛が生じます。

亜急性期

急性期の食作用が終了すると、急性炎症は徐々に緩解し、炎症は軽くなっていきます。
急性期と亜急性期の違いは、担当する白血球の種類の違いによります。急性炎症時の貪食作用は好中球が主ですが、亜急性期は単球、マクロファージが中心になります。このマクロファージは長期生存可能な食細胞であり、約2週間にわたって口唇の組織の修復に関わります。

慢性期

慢性炎症は、口唇の組織が急性、亜急性期の白血球による食作用により改善できなかった場合に起こります。剥脱性口唇炎の多くがこの慢性炎症に該当します。慢性炎症は、ステロイドの使用により白血球による組織の破壊と修復の機能が低下したり、口唇の皮を自分自身で剥がすなどの行為による「機械的刺激」を続けることにより、繰り返される微細損傷が生じることによって生じます。

慢性炎症では、マクロファージが継続的に口唇に居座るため、免疫反応が繰り返されます。そのため組織が攻撃されるようになってしまいます。これが慢性炎症における問題であり、通常では反応しないようなわずかな刺激に反応し、口唇炎が治まらなくなります。

剥脱性口唇炎の原因を探る

剥脱性口唇炎の3つのタイプ

  • ① 急性口唇炎が治りきらず、慢性的な炎症に移行したために生じるタイプ
  • ② リップや食事などによって口唇が過敏に反応して荒れ始めたために生じるタイプ
  • ③ 口唇の皮を自分で剥がすなど、機械的な刺激を繰り返すことによって生じるタイプ

急性炎症による口唇炎であれば、皮膚科や口腔外科でのステロイド含有の外用薬、アズノールなどの抗炎症薬、細菌感染を伴う場合には抗生物質の外用薬や消毒によって治療を行います。また一部の方では口唇炎の際に水疱ができる場合もあり、その場合にはヘルペスと診断され、抗ウイルス剤の内服・外用薬が処方されることもあります。
ほとんどの場合、皮膚科の医師による治療で急性口唇炎やヘルペス、細菌感染は治まるため、剥脱性口唇炎に移行することは滅多にありません。

一般的に口唇が炎症を起こした場合には、適切な薬剤を使用すると 1 回の使用だけで、しっかりとした効果を実感することができます。そこでほとんどの方は治ってしまうわけですが、中には処方された外用薬を使用した途端に、今までとは違う症状が出現し、口唇が急激に荒れたり、腫れたり、痛みが出てきたりする場合があります。

外用薬の塗布によって、口唇炎が酷くなった場合には、ステロイドを使用することが多いのですが、一部の方は、ステロイドをいくら使用しても一向に炎症が引かず、口唇炎の範囲が広がったり、皮が肥厚してカサブタ状になったり、肌汁が出るようになったりして、慢性炎症に移行し、剥脱性口唇炎へと進展します。

このような状態になってしまった場合には、「メカニカルストレスの除去」「局所に停滞している慢性炎症に関わる物質の除去」を徹底的に行い、免疫反応を改善することがとても重要になってきます。

病態(東洋医学的視点)

では、慢性炎症によって生じた剥脱性口唇炎を東洋医学ではどのように捉えているのでしょうか?

剥脱性口唇炎になった場合、多くの方がステロイドや抗生物質を使用していた経験をお持ちですが、慢性炎症に対しては、それらの外用薬はほとんど効果がありません。

また、口唇炎の起こり始めは口唇のごく一部のみだったにもかかわらず、時間の経過とともに患部が広がり、最終的に上下の口唇に症状が及んでいることも少なくありません。

当店では、剥脱性口唇炎特有の炎症によって生じた様々な炎症性物質が、正常な細胞を巻き込んで、炎症の「誤爆」を生じ、正常な細胞までもが炎症に巻き込まれて徐々に範囲を拡大すると同時に、その炎症を鎮静化するための免疫の過剰反応などにより、患部が拡大することが原因と考えています。

上下の口唇は重なり合うことから、上下口唇の間で、炎症性物質が移動することにより、炎症の移行が生じるのです。

東洋医学的捉え方

口唇の構造を東洋医学の視点で考えた場合、角質層や表皮層が薄いことから、肌肉層が薄い構造を有しており、その分、三焦気分が非常に脆弱であると言うことができます。

通常、ヒトの身体の機能として、身体の内部(血分)に熱が籠ったときには、その熱を放出するために、血液中の水分を三焦気分に持ち上げ、そこから汗腺・尿・便を通して排泄していきます。つまり、ヒトは内部に蓄積した余分な熱は水を介して放出するのです。

しかし口唇は、肌と違って熱を放出する汗腺を持っていないため、真皮層の毛細血管(血分)に熱が籠っても、三焦気分に持ち上げて直接排出することができません。

さらに三焦気分の層がとても薄いことから、口唇の表皮層(気分)に蓄積できる熱量は非常に少なく、気分に蓄積した熱は容易に限界を突破してしまいます。

そうすることによって口唇炎が起こってくるのです。

剥脱性口唇炎の場合には、慢性炎症による免疫反応により、表皮層が絶えず攻撃され、そのために口唇の皮の肥厚が起こってくることが原因の1つとなります。

この状態は、気虚・陰虚・血虚・瘀血・血熱・気分熱など様々な証により引き起こされますが、元々の体質はあまり関係なく、あくまでも口唇に対する何らかの刺激が原因になるため、全身的な不快症状を加味したり、舌診や脈診を通じて行う一般的な弁証論治よりも、むしろ口唇の状態(皮が剥がれるサイクル・皮の厚さ・色・剥がれた後の痛みや熱感など)を指標とした局所弁証によって漢方療法を行った方が、より良い結果を導くことができます。

この疾患はある意味、アトピー性皮膚炎にも似るところがあり、肌と口唇の構造の違いから考えると、口唇に特化した応用が必要になってくるものと思われます。

対策と漢方治療

剥脱性口唇炎になった場合の唇のケアの方法

  • 口唇の皮は自分で剝がしてもよいのか?
  • リップやワセリン、その他の外用薬を使用してもよいのか?
  • 食事や飲料、入浴、洗顔、歯磨き等で唇の皮がふやけた場合、どうすればよいか?

ほとんどの相談者の方から上記のような質問を受けます。
剥脱性口唇炎になった場合の口唇のケアについては、自分にあった適切な対処法がわからないため、インターネットなどで情報を集め、自己流でケアされているケースが圧倒的に多いという印象があります。
口唇の適切なケアについては、それぞれの口唇炎の状況に応じて大きく異なります。
皮膚科などのクリニックで診断されてご相談に来られる方は非常に珍しく、ほとんどの方はインターネットで調べ、「自分は剥脱性口唇炎である」として相談に来られます。
その中には明らかに剥脱性口唇炎とは関係のない疾患の場合もあり、自己流のケアの仕方が反って症状を悪化させていることもあります。
口唇のケアの仕方によって、当然、症状が好転することもあります。
大切なことは、自分の今の口唇の状態をしっかりと認識することと適切なケアの仕方を知ることです。

また、風邪を引いたり、旅行へ行ったり、体調を崩したり、ストレスがあったり、月経のリズムなどで口唇の状態が変化する場合もありますので、その際には状況に合わせた方法でケアする必要があります。

剥脱性口唇炎の漢方療法

私たちは漢方薬(一部サプリメント)を使用して治療していく際に、剥脱性口唇炎を大まかに3つの段階に分類していきます。

① 急性炎症期(急性期)

急性口唇炎の状況が治まっておらず、唇の皮が剥がれるたびに赤み・痛み・熱感・ヒリヒリ感・腫れぼったさが出たりする状態です。
またひどい場合には唇が細菌感染を起こして化膿し膿汁がダラダラと出たり、細菌感染を起こしていなくてもリンパ液が漏れたり、出血したりしていることもあります。
この段階で適切な治療を行うことができれば、そこから慢性炎症に移行し剥脱性口唇炎に進展することはありません。また、急性口唇炎に伴う口唇の剥脱は剥脱性口唇炎による剥脱とはメカニズムが全く異なります。この場合には、西洋医学による治療を最優先に行い、化膿している場合には大病院での細菌培養検査による菌の同定および効果のある抗生物質の使用が必要であるため、病院への受診勧告を行います。
そのうえで漢方では口唇の炎症を鎮めて、傷の修復を促進し、慢性炎症に移行しないようにしていきます。
それと同時に化膿を起こしている場合の口唇の皮のケアの方法、リンパ液の漏出がある場合のケアの方法、炎症が酷い場合のケアの方法など、その状況に応じた適切な対処法をアドバイスしております。

② 組織破壊期(亜急性期)

口唇炎の経過が比較的長くなると、急性炎症から慢性炎症に移行している可能性が高くなります。
この場合、慢性炎症によって新陳代謝が正常に行われなくなり、組織の破壊が延々と続き、炎症性物質が出続けるため、いつまで経っても炎症のサイクルから抜け出すことができなくなります。破壊された組織が患部に残ることによって、正常な新陳代謝および血流が阻害され、患部では炎症性物質の停滞、血流の停滞が生じます。
そのため、通常4日程度で新しく生まれ変わる口唇の皮の新陳代謝のサイクルが乱れ、口唇の皮が肥厚し始め、剥脱性口唇炎に移行していきます。
また炎症性物質が他の口唇の部位に付着すると免疫系がそれに反応して誤爆をはじめ、患部の範囲が広がって行く現象が見られることがあります。
これら免疫系の誤爆により、最初は下唇の一部分だった剥脱性口唇炎が知らないうちに下唇全体に広がっていたり、上唇にも飛び火するようになります。
この状態になると、西洋医学的な治療にはほとんど反応しなくなります。
東洋医学では、まず口唇の皮の状態(剥脱するサイクル、剥がれた皮の色調、乾燥度、剥脱後の疼痛・熱感・腫脹・色調、皮の密着度、剥がれ方など)を詳細に確認します。
それにより、破壊された組織や血流の阻害の程度を明らかにし、炎症・新陳代謝・血流停滞といった側面を改善するヒントを掴み、それを改善するための漢方薬を使用し、症状の改善を行っていきます。
組織破壊された部分がよくなるまでには、個人差がとてもあるため、人によっては数か月で口唇の肥厚が改善する場合が多いですが、中には1年以上かかる場合もあります。
焦らずにじっくりと治していく心構えが大切です。

とくにこの時期には、口唇の真皮層(血分)に熱が籠り、その熱をうまく逃がすことができないために、その熱が表皮層(気分)に影響し、表皮の新陳代謝が亢進し、皮の肥厚・黄色味を帯びる・強い乾燥傾向を示すなどの症状が起こってきます。

口唇の状態の変化については、毎日決まった時間に写真を撮ることによって、漢方薬を服用し始めてからの変化を客観的に確認することができます。多くの場合、口唇の状態にあった漢方薬を服用することによって、少しずつ変化が見られるようになってきます。フィットする漢方薬が見つかるまでは、7日~14日単位で当店に通っていただくか、電話相談を行っていただく必要がありますが、症状が改善してきた場合には、1か月単位となります。

③ 新陳代謝活性期(慢性期)

組織破壊と血流の阻害によって剥脱性口唇炎が生じていないにもかかわらず、口唇の皮が一定サイクルで剥がれる場合には、慢性炎症により口唇の新陳代謝が亢進し、老廃物が蓄積することによって症状が引き起こされている場合があります。
この場合には、組織破壊期の口唇の状態と明らかに状態が異なり、口唇の皮の肥厚は、そこまで酷くなく、水が触れるたびに皮がふやけたりする弱々しい状態となっていることが多くなります。
剥脱する皮の大きさ・厚み・サイクルは口唇の部位によっても異なりますが、この状態の方の多くは、ワセリンなどの保湿剤を塗布すると一見すると普通の口唇に見えます。

とくにこの時期の剥脱性口唇炎では、炎症を持続させる熱はさほど強くありませんが、それらの影響により新陳代謝を行うための材料やエネルギーが不足し、口唇の皮を元に戻すことができなくなっています。したがってこのときには、患部に蓄積している余分な熱を軽く冷ますと同時に新陳代謝を元に戻す材料やエネルギーを補う漢方薬を使用し、口唇の組織を立て直していきます。

当店でのご相談はほとんどの場合、①~③のパターンのいずれかに当てはまります。時にそれらが重なって生じている場合もありますので、個々の状況に合わせて適切な漢方薬とサプリメントを使っていく必要があります。

治療実績に関して

これまでの相談事例は女性からのご相談が圧倒的に多いです。
そのため男性の症例は少ないですが、女性は症例も豊富で、改善実績も多いため、服用開始後、数か月で効果を実感していただいております。
剥脱性口唇炎は西洋医学では治りにくく、外見上の問題が大きいため、精神的に非常にストレスを抱えている方が多いのが実情です。
当店では、少しでも多くの方によくなっていただけるよう漢方を用いてご相談に乗っておりますので、治したいというお気持ちをお持ちの方は、ぜひご相談ください。

剥脱性口唇炎のご相談方法はこちら
  • 剥脱性口唇炎ブログ
  • 剥脱性口唇炎コラム