スタッフ紹介

廣田雲洲

代表【薬剤師・鍼灸師】

廣田雲洲

東洋医学の道を志してから早くも 13 年目になろうとしています。
日本全国から剥脱性口唇炎のご相談をいただく中で、どうすればこの疾患を改善することができるのかを考えてきました。約 5 年の歳月をかけて、ようやくこの疾患に関しての考え方がまとまり、その考え方に基づいて漢方療法を行うことで多くの方に満足してもらえる結果が出せるようになりました。

他の人はたかが口唇と思うかもしれませんが、当店にご相談に来られる方は皆さん真剣に悩まれている方ばかりです。色々な皮膚科を受診したり、漢方クリニックや漢方薬局に行かれ、少しでも改善したいという気持ちを持ちながら、なかなかうまくいかない現実に「これからどうなってしまうんだろう」と不安を抱えています。

当店の漢方によって、その不安が少しでも良くなり、口唇のことに悩まなくて済むようにしっかりとお手伝いさせていただきたいと思いますので、皆さん一緒に頑張りましょう!

経歴・資格・趣味など

■経歴■
  • 神戸薬科大学 薬学部薬学科 卒業
  • 大阪医療学園専門学校 鍼灸学科 卒業
■資格■
  • 薬剤師免許
  • はり師・きゅう師免許
■趣味■
  • ウェイトトレーニング・柔術・空手・食事コントロール・専門書の読書・キャンプ
  • 薬局には、秘密のトレーニングルームがあり、本格的なトレーニングマシンで日々鍛錬を続けています。また漢方・鍼灸の専門書籍を2000冊以上所有し、年間100冊以上の書籍を購入しているため、本に埋もれて仕事をしている状態です。
■性格■
    とにかく自分自身を追い込むことが大好きで、これだと決めたものはストイックに追及しなければ気がすみません。
ご相談方法はこちら
櫻井大輔

漢方療法チーフアドバイザー【薬剤師】

櫻井大輔

私は今国の剥脱性口唇炎でお困りの方々のご相談に乗らさせていただきました。その方々の背景や人柄などは十人十色ですが、剝脱性口唇炎になった人にしかわからない悲鳴をたくさん聞いてきて、唇とともに治さなければならないものがあると感じています。

それは”心”です。

唇は顔の中でも目に次いで良く見られる部位であり、食事や会話のために、顔の中で一番動かす部位でもあります。そのため、他人が思う以上に唇の症状は気になってしまうとどんどん気になってしまい「気になる→剥がす→刺激→皮が浮く→気になる→・・・」とい った悪循環を作ってしまいます。
そうしてどんどんコンプレックスが膨れ上がり、そのコンプレックスが時間の経過と共に心もどんどん疲弊させてしまい、唇とともに精神にとても深い傷を負ってしまいます。
「唇さえ良くなればいい。」
そう思うかもしれませんが、これまでも唇自体は良くなっているのにも関わらず、心の傷が大きすぎてその変化が見えなくなってしまい、苦しんでいる人も現実的にはおられます。心を癒すことを目的としているのではなく、唇症状の改善に真っ向から向き合ってきたからこそ、私の唇治療に必要なことと考えています。
また、今はインターネットの情報が豊富な時代ですが、それだけに誤った情報も多いです。そういった情報を元に試行錯誤した結果、唇の状態には改善が見られず、唇のために何をするべきなのか、何を信じていいのか疑心暗鬼になっていませんか?
私の剥脱性口唇炎の治療は、その疲れきったあなたの心を癒し、霧がかって前の見えなくなっている”正常な唇への道”を示すことから始まります。
今までの経験とそこから来る自信があなたの自信と力になるでしょう。それは直接お話しすることで感じられるはずです。
罪悪感を感じながら唇の皮を剥がす毎日にサヨナラして、鏡に写った自分と笑顔で向き合えるように、漢方相談へ一歩踏み出しましょう!

経歴・資格・趣味など

■ 経歴 ■
  • 富山大学 薬学部 卒業
■ 資格 ■
  • 薬剤師
■ 趣味 ■
映画鑑賞(洋画)
同じ作品を観ても人それぞれの楽しみ方がある映画は素晴らしい!
東洋医学と同じように魅力にあふれたエンターテイメント!
スポーツ観賞
MLBやテニスを楽しく観させていただいています。
NBAもたまに観ますが、やはりトッププレイヤーのプレーは観てて爽快でスカッとします。
MLBではイチロー選手、岩隈選手、松坂選手などなど、テニスでは錦織選手、フェデラー選手、ジョコビッチ選手が特にお気に入りです。
野村克也監督も凄く好きです。
■ 性格 ■
  • 文面では固い文章ばかり書いてますが、出身地が青森なので、キャラクターとしてもしゃべり方(訛り?)としても珍しいタイプだと思います。
    独特の雰囲気を是非ご堪能あれ。
剥脱性口唇炎のご相談方法はこちら